機密文書は正しく処理しよう~ビジネスセキュリティ守り隊~

女性

情報は大切な資産

パソコン

現在の社会は、あらゆる情報が蔓延していますし、日々新しい情報が生まれています。特にインターネットによる通信の高速化と大容量化で、情報自体瞬時に移動出来るようになりました。便利な反面、どんな情報でも一度外部に漏れるとあっという間に、広がってしまうことを忘れてはいけません。特に社内の情報を外部に持ち出すことは厳禁です。文書やUSBの紛失や、それらが入った鞄の窃盗や車上荒らしなどの紛失は、個人の責任問題には終わりません。と同時に、不正やセキュリティに対する認識不足も問題で、社内における内部統制にも問題があると謂わざるおえません。機密文書の処分は、徹底管理している間の中でも、一番神経を使うところです。しかし、大事だからといって、監視している中社員にシュレッダーさせるのは、コストの面や環境問題からの観点上上策といえません。また、機密文書の処分での仕分け作業も時間がかかるだけで、意味がありません。以上のことから、確実に安全に処分したいのであれば、信頼できる専門の回収業者を抱えていることが大事となってきます。情報と言うものは、自分が興味が無い関心が無い利益に繋がらないという情報でも、他人からしたら有益な情報かもしれないという、多様な価値観の中で流れているものです。どんな情報でも、保有している情報を破棄する時はしっかりと処理しなくてはなりません。

情報の管理体制やセキュリティを整えることによって国際規格であるISOを取得できる場合もあります。今では情報も重要な資産となっているので、しっかりと管理していく必要があるでしょう。